どんどん便利になる金属3dプリントサービス

ものづくりにおいて、金属の部品や製品を作り上げる方法として昔から鍛造や鋳造及び切削加工が有名であり、今日も多くの製造工程で見受けられます。ここ数年、技術の進歩から急速な普及が進んでいる、3dで金属にプリント加工する新たなサービスが注目されています。切削加工等では金属の材料を製作寸歩通りにするため、刃物での研磨や、切っていくイメージが強いと思いますが、3dによる金属のプリント加工では、分かりやすく解説すると物体を重ね合わせて形にするテクノロジーです。幅広い金属の加工が可能となり、加えて複雑かつ緻密な仕上げも容易に対応できます。また、熟練の加工技能者に依存することなく、加工難度の高い素材や形状に適応してくれます。3dのプリント加工は、一般的に焼結方法となり、粉末の加圧成形した際、レーザーを当てて固める製法なのです。

話題の3dによる金属のプリント加工サービスを解説

日々進歩する製造技術の中でも、緻密な設計のもと厳しい加工条件が求められる航空精密部品や、高品質且つ高精度が必須な自動車部品などは、従来、人と時間のコストが膨大となり収益性に課題を残す場合がありました。3dによる金属のプリント加工サービスでは、企業が抱える悩みを解消してくれると共に、自社でプリンターを導入すれば効果性の高い事業が期待できます。3dによる金属のプリント加工の品質面は、切削加工では限度がある内部加工や組み立て工程が必要なくなる一体成型が実現できます。コスト面では、データ作成を含む製作段取りがほぼオフィスで対応可能となり、人と時間に関るコストが大幅削減できます。製作日数は、製作段取り完了後、即、加工開始となり、数時間から1日で完成すると共に一度に複数の製品の製造が可能です。

3dで金属のプリント加工サービスを実施する利点

複雑な金属加工を実施するための新技術として注目を集めている、3dでプリント加工するサービスを導入した場合に考えられる利点を説明します。まず、導入コストですが、3dプリンター等の機器にかかる初期投資が発生します。資金調達などムリをせずにレンタルやリース契約を活用すれば、少額経費で最大限の効果が期待できます。次に材料費用の見直しですが、切削加工等では金属材料を削り研磨する結果、多くの破片や削り残しが発生します。3dによるプリント加工では効率的加工が可能となり、材料費用が大幅軽減されます。加工では、幅広いカスタマイズに対応が可能であり、中には透明成型の中に加工製作品を組み込むことができるようになります。そして最大の利点は、短期間製造によるスピード納品という点と完成品の修正がとても簡単に出来る点です。更には、品質が加工技術や経験など人に左右されなくなり、安定します。