あらゆる物を金属3dプリントサービスで出力する未来

3dプリンターは専門性の高いものから、子供のおもちゃまで、様々なものを形にすることが可能になりました。一般的に知られるようになったのは、ここ10年程度ですが、始まりは1980年代からといわれています。よく知られているのは特殊樹脂を材料にして形を作り上げることですが、それだけでなく現在は色々な素材を組み合わせて作ることが可能になってきました。そのなかに金属があります。多くの手法がありますが、素材を粉末状にして、レーザーを照射し焚いて一層ずつ重ねて形を作っていく方法です。この技術を使って試作を作って、実際に制作をする場合や、実験用の製品を作る場合もあります。ネジの金型からとり、試作のために何個も部品を作るよりも、プリンターを使って作る方が効率はよくなります。このようにこのプリントのサービスは製品の開発速度と制度を挙げているわけです。

3dプリントサービスは金属も扱えることで幅が広がった

もともと3dプリントのサービスは試作品を早く作り上げるラピットプロトタイピングを目的にしていました。金属など多くの素材を扱えるようになり、試作品だけでなく、実際の製品を作るための道具としても取り扱われるようになり、また、その人にだけ合うようにカスタマイズされた商品を作れるようになりました。まだまだプリンターの使用料は高いですから頻繁に通って作ることは難しいですが、技術が進み単価が安くなれば、自分好みのスマートフォンを作ることもできるようになるかもしれないといわれています。ただ電子部品のようなものは、まだ難しいかもしれないようです。しかし複雑な形を作れるようになっており、より高度な商品の開発も出来るようになっています。その活用の場は、デザインや製品設計など多くの分野で活躍しています。

金属3dプリントサービスはどのように利用するのか

3dプリントのサービスを利用するには、専用のソフトを使えるようになる必要があります。では、無理だと諦める方もいると思いますが、テンプレートというものが存在します。これは大まかな流れが作られており、細かい部分を調整していくものです。もちろん最初からプログラムできることが便利である場合もありますが、それよりもプリンターを使いどのようなものを作っていけるようになるのかを模索していくことの方が、重要です。また3dスキャナを利用する方法もあります。ただスキャンの精度などによっては、形がずれることもあるため調整が必要になります。金属を加工できるということは、樹脂だけでなくより多くの物を作ることが可能になったという事です。またプリンター自体が少し無理をすれば手が届く範囲になってきているということです。