金属も出力できる最新3dプリントサービス

3dプリンターとは、三次元のデータを基に、立体を作り上げる物です。日本語では立体印刷機と呼ばれています。3dプリントサービスは、自社でその機械を購入しなくても、データからプリントしてくれるものです。その特徴は、形状が複雑なものでも、短時間で製造出来るという事です。そして、自社で扱わずにサービスを利用する事により、企画や開発に専念出来るという利点もあります。その素材は金属やラバーだけでなく、様々なものが出てきています。それにより、いろんな分野での活躍が見込まれています。中心となるのは製造業ですが、他にも建築や医療、教育、航空宇宙や先端研究にまで普及しています。以前と比べて精度が上がっただけではなく、様々な素材を組み合わせる事も出来る様になったので、今後ますます普及していく事でしょう。

3dプリントは日常的にはどんなものに応用されているか

3dとは、立体と言う意味です。日常的に目につく立体的な物は、何が挙げられるでしょう。見回してみると、ほとんどが立体で出来ています。しかしそれらのほとんどが、平面から立体に組み上げられた物です。例えばぬいぐるみは、平面で布を裁断し、中綿を詰めて縫製する事により、立体に仕上げています。では、平面からくみ上げていない立体と言えば、何が思いつくでしょうか。一番わかりやすい例を挙げるとしたら、札型のストラップです。よく目にするのは木彫りですね。あれは木の表面を削る事によって立体的に浮き上がらせているのです。赤ちゃんの記念によく使う手形足形も、その技法が使われている事があります。採取した手形足形のデータをコンピューターに取り込んで、機械で削り出すのです。しかし、3dプリントのサービスはそれとはまた違います。加工がしづらい金属にも対応しているのです。

金属でもプリントできるサービス

3dのプリントをするサービスは、基本的にはデータを預けて製造してもらうものです。素材はラバーでも金属でも、様々に対応していますが、それぞれの会社によって対応素材が違うのできちんと確認しましょう。3dプリントはデータさえあれば同じものを作成出来ます。会社によっては二次元のデータからでも製作してくれます。樹脂などはフィギュアにも適していますが、金属はアクセサリーにも適しています。また、スマートフォンの普及により、そのカバーを作る事も可能です。それこそ、正確なデータから作り出せるので、ぴったりの物が出来ます。3dプリントの聴こえは何となく身近な感じはしませんが、意外と遠いものでもありません。今後もっと多くの分野で普及するようになれば、目にする機会は増えるかもしれません。素材も、今以上に多くのものが適合する場合があります。未来を担う技術ではないでしょう。

弊社はものづくりの支援として、3Dの販売やレンタルに関する事業を行っております。 3Dプリンター40台保有。 弊社事業のお問い合わせはお気軽にどうぞ。 金属3Dプリンター8台保有。 試作・受託製造承ります。 ものづくりはさらなる発展をむかえようとしています。 100社160台以上の販売・導入・保守実績。 常駐のエンジニアが安心のサポート体制を整えています。 駐車スペースもございます。 金属の3dプリントサービスについて知りたい方へおすすめえす